拙著『宇喜多秀家』(シリーズ実像に迫る13/戎光祥出版刊)刊行

諸般の事情でお待たせしましたが、
拙著『宇喜多秀家』(シリーズ実像に迫る13/戎光祥出版刊)
が刊行の運びとなりました。
出版社さんのページはコチラ  ※コチラからも購入できます。

一足早く↓↓↓見本が届きました。
実像に迫る13「宇喜多秀家」

このテーマで刊行を決断された出版社さんのご厚意や
貴重な史料写真をご提供いただい多くの史料所蔵機関、
執筆過程でお世話になった皆さんに深く感謝です。

原稿提出は今年の2月でしたが、編集者さんの助言もあり、
校正のたびに少しずつ書き足した結果、このシリーズの書籍では恐らく一番情報量の多いものになったのではないかと思っています
先行研究や典拠史料もなるだけ注記して、研究者の方にも便利な書物になるよう気を配りましたが、いかがなものでしょう?

戎光祥出版さん刊「シリーズ実像に迫る」のページ数は……96頁(№1~6)→104頁(№7~11)→112頁(№12~)と増えています。価格は同じです。

また、書名は「宇喜多秀家」ですが、16世紀初めから明治維新までの宇喜多一族の動向を追いかけることになりました。基本的に過去にまとめた論文集(『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』岩田書院刊、2010年ほか)をわかりやすく再構成したのですが、八丈島関連の部分などには、多くの新出史料(同時代史料)からわかった最新の研究成果を盛り込んでいます。

それから巻末の年表は、拙著『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』(岩田書院、2012年刊)掲載のものの増補改訂版です。紙幅の許す限り情報を詰めてます。
他の書籍では見たことがない情報(秀家の側近中村次郎兵衛家正や、秀家の養女寿星院〔伏見宮貞清親王室〕の命日など……)がいろいろあるはず。

書店に並ぶのは来週以降のようですが、お目に留まりましたら手に取っていただけるとありがたいです。

***

さて、こちらの書籍にも寄稿しております。

五野井隆史氏監修『キリシタン大名 布教・政策・信仰の実相』(宮帯出版社、2017年9月刊)

一般読者・専門家を問わず、いろいろ勉強になる便利な一冊になっているのではないかと思います。

さて、私は(例によって?)「明石掃部」のページを執筆しております。
拙著『宇喜多秀家と明石掃部』(岩田書院、2015年刊)のうち明石掃部に関する部分をコンパクトにまとめたものです。
最後に2点、掃部に関する新しいこと(俗説の否定)を述べてますので注目していただければと思います。
(とはいえ、原稿は2015年のお正月に出版社さんに送ったものです)
スポンサーサイト

【補足】拙稿「直家登場以前の宇喜多氏」

標記の通り拙稿「直家登場以前の宇喜多氏」(『戦国史研究』71号、2016年2月)が刊行されました。
原稿執筆や掲載等々お世話になった皆様に深く感謝申し上げます。

校正の時に直したはずの箇所が直っていない…ということがありまして、
23頁下段7行目の「」の字は不要です。
手元にコピーをとってあったゲラを見ても直してるので、朱の入れ方が悪かったか…
すいませんが以上訂正です。

今後どなたかの議論にとって、有益な土台たりえればと思います。

**********************************************************
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

【講座】「樹正院豪姫と宇喜多秀家」

講座、無事終了いたしました(「前田土佐守家資料館連続講座」)。
ご来場いただいた皆様、前田土佐守資料館の皆様ありがとうございました。

宇喜多の話に時間をさき過ぎまして、後半駆け足になってしまいました。
金沢で宇喜多(!)の話ができる機会はなかなかないですから。

ただ、肝心な後半が色々と言葉足らずになってしまったので、ポイント(私説)をいくつか。

・樹正院(豪姫)の金沢移住は慶長14~15年頃であること(大西推定)
 (慶長6年説や慶長11年以降説等があるが、従来定説なし。それ以前は高台院の庇護下にあった)

・樹正院(豪姫)の金沢での屋敷地のうち、ほぼ確実なのは高岡町であること
 (通説の西丁(金沢市)はかなり疑わしい)

・樹正院(豪姫)の娘(伏見宮貞清親王室、おなぐの方)の没年は元和2年(1616)。
 (なので、一部で唱えられている善福寺の「おふり」との同一人物説は成り立たない)

・前田家関係者から八丈島への仕送りは、秀家流罪当初から行われていたこと
 (沢橋平太夫の嘆願がきっかけという通説は根本的に再検討が必要ということ)

・八丈島の宇喜多孫九郎(秀隆、秀家次男)が一時期、精神に異常を来していたこと
 (および、孫九郎には早世したらしき兄(天正17年生。名前等不詳)がいたこと)

※以上の私見は拙稿「豪姫のことども」「樹正院の後半生」などでいずれも活字化済。

その他、言い忘れや話足りないことはたくさんありますが、
また機会があれば…というところです。ないかもしれません。

地元岡山から声がかかるのも待ってます。

**********************************************************
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

【受贈御礼】講演(樹正院豪姫と宇喜多秀家)のお知らせなど

1月もそろそろ折り返しです。

先日、森脇崇文さんから
特別展 中国国分/四国国分』(徳島市立徳島城博物館、2015年10月)をご恵贈いただきました。徳島城博物館での展示図録です。ありがとうございました。

展示の内容紹介・解説はもちろんですが、
森脇さんによる蜂須賀正勝受発給文書目録ほかの論考も労作です。
遠方のため展示自体には足を運んで実見ができませんでしたが、
図録を拝見して、見ておけばよかったと後悔しきりです。

また、森脇さんからは拙著『論文集 宇喜多秀家の周辺』(同刊行会、2015年12月)へのご意見・ご批判も頂戴いたしました。また機会を得て、秀家や樹正院豪姫・宇喜多秀隆(秀家嫡男)等々への理解を深めていければと思います。

…と、そうした自分にとっても良い機会になるであろう講演の御案内です。

「前田土佐守家資料館連続講座」の第1回(2月7日(日))に出講します。
演題は「樹正院豪姫と宇喜多秀家」です。申し込等くわしくはコチラ
※なお、前田土佐守家(加賀藩前田家の家老)の家祖利政は、樹正院豪姫の同母弟です。

前田家との関係を踏まえて、宇喜多秀家・豪姫について、
上記の拙著で紹介した新出史料等をもとにお話ししたいと思います。
いろいろ新しい事実も出てきているので、私自身大変楽しみにしているところです。

申し込みは1月26日から、ということです。

**********************************************************
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

【新刊】拙著『宇喜多秀家と明石掃部』

大坂の陣(明石掃部が深く関わった)から丁度400年、
宇喜多秀家の没後360年の今年、以下の論文集を上梓いたしました。


大型書店の店頭に並ぶのは連休明け以降になるかと思いますが、
岩田書院さんのHPからは直接購入可能のようです。

再録論考には必要に応じて加筆・修正を入れています。
ご興味の向きは是非、ご購入をご検討ください。

***

大西泰正著『宇喜多秀家と明石掃部』
岩田書院、2015年5月発刊・A5判・140頁・並製本・カバー装

<目次>

 Ⅰ 宇喜多秀家とその周辺
  ・豊臣期宇喜多氏権力論
  ・文禄期「唐入り」における宇喜多秀家の立場について
    ―豊臣秀勝との関係から―
  ・宇喜多秀家の処分をめぐって
  ・小瀬中務と小瀬甫庵
  ・宇喜多氏研究の困難とその可能性
  ・宇喜多氏の石高をめぐって

 Ⅱ 明石掃部の研究
  ・第一章 明石掃部の基礎的考察
  ・第二章 関ヶ原合戦以後の明石掃部
  ・後記 明石掃部の人物


※なお、Ⅱの各論および「宇喜多氏研究の困難とその可能性」・「宇喜多氏の石高をめぐって」は、 拙著『明石掃部の研究』(2012年)収録の各論を補訂したものです。

【表紙】宇喜多秀家と明石掃部

**********************************************************
↓よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
プロフィール

zeigen

Author:zeigen
戦国・織豊期を中心に、あれこれ考えています。
単著『論文集宇喜多秀家の周辺』(同刊行会)・『宇喜多秀家と明石掃部』・『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』・『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』(以上、岩田書院)・『明石掃部の研究』(同刊行会)、編著『備前宇喜多氏』(「論集戦国大名と国衆⑪」岩田書院)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード