スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拙著『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』刊行

20100423

更新が随分滞ってしまいました。すみません。

このブログでも先月来お知らせしておりましたが、
ようやく、標記の書物を刊行させていただきました。
版元は岩田書院様
詳細は以下の通りです。

大西泰正著『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』
(岩田選書◎地域の中世⑦)岩田書院

2010年4月刊行・A5判・218頁・並製本・カバー装・2800円(税別)

<目次>
序 論 宇喜多氏研究の現状と課題
第1部 宇喜多秀家と豊臣期宇喜多氏権力
 第1章 宇喜多秀家論
 第2章 宇喜多氏家臣の叙位任官
第2部 秀吉死後の宇喜多氏
 第1章 宇喜多騒動の経緯
 第2章 宇喜多騒動の展開と結果
 第3章 宇喜多秀家の関ヶ原合戦
第3部 宇喜多氏をめぐる群像
 第1章 宇喜多忠家
 第2章 浮田左京亮
 第3章 長船紀伊守と中村次郎兵衛
終 論 宇喜多氏研究のこれから

* * *

本書の刊行は、
ひとえに、この非才をご支援いただいている、たくさんのみなさんのおかげです。
本書に収録した論文、どれ一つをとってみても、自分一人では書き得なかったものです。
改めまして、あつく御礼申し上げる次第です。月並みですが、本当にありがとうございました。

まだ書店には並んでいないようですが、
見かけられましたらお手にとっていただけるとありがたいです。

<2010/04/23追記>
ふと会社の近所の書店に立ち寄ってみると、
10冊ほど置いていただいていていました。ありがたいことです。
(拙著は写真中央)

**********************************************************
↓よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

zeigen

Author:zeigen
戦国・織豊期を中心に、あれこれ考えています。
単著『論文集宇喜多秀家の周辺』(同刊行会)・『宇喜多秀家と明石掃部』・『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』・『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』(以上、岩田書院)・『明石掃部の研究』(同刊行会)、編著『備前宇喜多氏』(「論集戦国大名と国衆⑪」岩田書院)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。