スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講座「豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家」

美作高田城

写真は美作高田城(岡山県真庭市勝山)です。
城下には風情のある町並みが残されています。

昨日、岡山県真庭市の市民講座
(平成22年度真庭市歴史講座・於久世エスパスセンター)
『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』に出講して来ました。

四月間近といいますのに、吹雪いておりましたが、
そのなかでお出でいただいた皆さん、ありがとうございました。

一時間半ほど、講座と同名の拙著に書きました宇喜多氏・宇喜多秀家について
お話をさせていただきまして、また、たくさんのご質問も頂戴しました。
毎度のことですが、こうした機会をいただくたびに、
私の方が多くのことを学んでいるような気がします。

悪天候の中、お集まりいただいた皆さんの学ぶ姿勢に、
私も負けないように、今後ともただ、ただただ精進を続けていきたいと思います。

荀日新、日日新、又日新

まことに日に新たに、日々に新たに、また、日に新たなり

**********************************************************
↓よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

zeigen

Author:zeigen
戦国・織豊期を中心に、あれこれ考えています。
単著『論文集宇喜多秀家の周辺』(同刊行会)・『宇喜多秀家と明石掃部』・『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』・『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』(以上、岩田書院)・『明石掃部の研究』(同刊行会)、編著『備前宇喜多氏』(「論集戦国大名と国衆⑪」岩田書院)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。