スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【受贈御礼】『史敏』通巻9号

興福寺

過日、森脇崇文氏より
『史敏』村田修三先生古稀記念号(二)※通巻9号
をご恵贈いただきました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

この『史敏』、毎号、良質の論考を掲載されていて、
編集・執筆者各位のご健闘・ご努力には本当に頭が下がります。
筆者も同誌通巻6号(2009年)掲載の「宇喜多秀家論」執筆の折には
大変お世話になりました。

さて、頂いた通巻9号の目次は下記の通りです。※ご購入等はコチラへ。

***

村田 修三氏「【城跡から学ぶ】②公権力の城と領主の城」
木村 英一氏「新日吉社小五月会と院・鎌倉幕府」
松永 和浩氏「室町期伊賀国の秩序と諸勢力」
馬部 隆弘氏「細川国慶の出自と同族関係」
森脇 崇文氏「宇喜多氏分限帳の分析試論―諸写本の比較検討から―」
能川 泰治氏「聞き取り記録 ある日雇労働者の戦中・戦後(下)」


***

筆者に『史敏』を送っていただいた森脇氏の論考ですが、
この宇喜多氏分限帳の検討は、
昨年(2010年)3月の報告(岡山地方史研究会例会)をベースに、
その内容をさらに精緻化・発展させたものです。

実際に検討対象となっている(現存)分限帳写本は18種
内容については、ぜひ実際の論考をご確認ください。
宇喜多氏を対象にこうしたアプローチができるのかと
口幅ったいですが感服しました。

***

さて、ここのところ本職の閑をぬっては
京都で永青文庫のコレクションや奈良の正倉院展を見に出かけてますが、
岡山でも宇喜多氏に関する展示(岡山城秋季特別展「宇喜多家三大秘話展」)や、
池田氏に関する展示(林原美術館/企画展「戦国の雄 池田家」)が行われています。
いろいろと見逃せません。

宇喜多家三代秘話展

*********************************************************
↓よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

zeigen

Author:zeigen
戦国・織豊期を中心に、あれこれ考えています。
単著『論文集宇喜多秀家の周辺』(同刊行会)・『宇喜多秀家と明石掃部』・『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』・『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』(以上、岩田書院)・『明石掃部の研究』(同刊行会)、編著『備前宇喜多氏』(「論集戦国大名と国衆⑪」岩田書院)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。