スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【受贈御礼】『戦国期の大名分国における「戦国領主」の研究』

大阪歴史博物館

先日、村井良介さんから
研究成果報告書『戦国期の大名分国における「戦国領主」の研究』
(2010~12年度科研費補助金研究若手研究B、2013年2月)をご恵贈いただきました。ここにご紹介して御礼に代えさせていただきます。

毛利分国の領主関係史料リストです。400ページもぎっしり。
三村・庄・石川といった備中の領主も含まれていますが、
(毛利氏の影響下にもあった)宇喜多氏は対象外とのことです。
博捜を尽くされたこのご成果から、
今後も注目すべきお仕事があまた生まれていくに違いありません。

ご興味の向きは、村井さんのご著書『戦国大名権力構造の研究』(思文閣出版、2012年)
などとのご併読をおすすめします!

※写真:昨日は大阪歴史博物館で特別展「天下の城下町」を拝見してきました。

**********************************************************
↓よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

zeigen

Author:zeigen
戦国・織豊期を中心に、あれこれ考えています。
単著『論文集宇喜多秀家の周辺』(同刊行会)・『宇喜多秀家と明石掃部』・『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』・『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』(以上、岩田書院)・『明石掃部の研究』(同刊行会)、編著『備前宇喜多氏』(「論集戦国大名と国衆⑪」岩田書院)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。