【受贈御礼】『岡山県立記録資料館紀要』・『高山右近の生涯』、および拙稿「小瀬中務と小瀬甫庵」

前回の更新から随分経ってしまいました。
この間、いろいろと頂戴いたしましたのでご紹介を。

岡山県立記録資料館のしらが康義さんから、
『岡山県立記録資料館紀要』第8号(2013年3月)
を頂戴いたしました。ありがとうございました。

岡山県立記録資料館紀要


目次は上の写真の通りです。
しらがさんは、日本側に加えて朝鮮側の史料をも駆使して
朝鮮での宇喜多秀家の動向や役割について検討を加えておられ、
興味深く拝読いたしました。拙い私の原稿も参考にして頂いており恐縮です。

高槻市立しろあと歴史館中西裕樹さんから、

特別展図録『高山右近の生涯 ―発掘戦国武将伝―』(2013年10月)
「しろあとだより」第7号(高槻市立しろあと歴史館、2013年10月)

をご恵贈いただきました。ありがとうございました。
図録は、高山右近文書の紹介や論考、銅像ガイドなど
硬軟織り交ぜた構成で楽しく拝見しました。

高山右近の生涯

「しろあとだより」には、
中西裕樹氏「高槻城主 和田惟政の動向と白井河原の合戦」
西本幸嗣氏「史料紹介『高山右近大輔軍功』について」

が収録されています。

しろあと歴史館特別展『高山右近の生涯』は12月1日(日)までです。

◆20131016追記
拙稿「小瀬中務と小瀬甫庵」
『岡山地方史研究』第130号(2013年9月)
掲載されました。
まったくの別人たる両人が同一人と見誤られた理由について私見を述べています。
ご興味の向きはご確認ください。

**********************************************************

↓よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

zeigen

Author:zeigen
戦国・織豊期を中心に、あれこれ考えています。
単著『論文集宇喜多秀家の周辺』(同刊行会)・『宇喜多秀家と明石掃部』・『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』・『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』(以上、岩田書院)・『明石掃部の研究』(同刊行会)、編著『備前宇喜多氏』(「論集戦国大名と国衆⑪」岩田書院)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード