FC2ブログ

月がかわりまして

6月に入りまして、随分暑くなってきました。
今年も猛暑でしょうか。。。身体が弱りはじめています。

先日、林原美術館の浅利尚民氏より、下記の抜刷を頂戴いたしました。

「歴代岡山藩主と林原美術館所蔵品」
(『岡山の自然と文化』第30号)

昨年(平成22年)1月の御講演の内容をまとめられたものですが、
林原美術館から旧岡山藩主池田家から移譲された資・史料の紹介はもちろんですが、
そうした資・史料を池田家がどのように管理していたのか等々のご高見には
興味が尽きません。ここに紹介して御礼に代えさせて頂きます。いつもありがとうございます。

また、森俊弘氏より下記の冊子を頂きました。

『年報津山弥生の里』第18号
(津山弥生の里文化財センター、2011年)

こちらには、昨年3月に津山市で行われた講演会「院庄館跡と構城跡」の記録
森氏および前原茂雄氏・中西義昌氏の講演録)が収録されています。
先に森氏から頂いたレジュメを参照しながら、拝読したいと思います。
いつもいろいろありがとうございます。

とにかく、いろいろ頂戴いたしまして、感謝に堪えません。
ここのところ本職のほうで御用繁多でありますが、弱音ははけません。

京都駅前

**********************************************************
↓よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

zeigen

Author:zeigen
戦国・織豊期を中心に、あれこれ考えています。
単著『論集加賀藩前田家と八丈島宇喜多一類』(桂書房)、『宇喜多秀家』(戎光祥出版。シリーズ実像に迫る13)、『論文集宇喜多秀家の周辺』(同刊行会)・『宇喜多秀家と明石掃部』・『「大老」宇喜多秀家とその家臣団』・『豊臣期の宇喜多氏と宇喜多秀家』(以上、岩田書院)・『明石掃部の研究』(同刊行会)、編著『備前宇喜多氏』(「論集戦国大名と国衆⑪」岩田書院)、『前田利家・利長』(戎光祥出版)など。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード